カクトラノオとユキヤナギ

和のお稽古

本日の花材はカクトラノオとユキヤナギでした。

夏も真っ盛り。猛暑の毎日でお花も長持ちしない季節です。
そんな中、生けたのは涼しげなカクトラノオとユキヤナギ。

カクトラノオは、茎が四角いのが特徴です。また、四角い茎で、虎の尻尾のように見えることから、角虎の尾、花が美しいので花虎の尾とも呼ばれるそうです。涼しげなピンクの花は夏にぴったりです。

花 カクトラノオ/10月3日の花と花言葉 カクトラノオ 魅る魅るガーデニング
四角い茎の先に30

もう一つはユキヤナギ。ユキヤナギといえば真っ白な花がいっぱい咲いているイメージですが、緑の葉もまた夏らしくて綺麗です。秋には紅葉もするそう。緑の葉と紅葉と花が楽しめるので、季節によって色々な表情が楽しめます。

樹木図鑑(ユキヤナギ)

お花は、一種類でも十分綺麗ですが、組み合わせることによりお互いの魅力をより引き立てます。「組み合わせの妙」ですね。センスの良い組み合わせは豊かな発想から生まれますが、それにはある程度の経験値が必要です。インプットがあってこそのアウトプットであり、まずは型を学ぶことが自由な発想に繋がっていくのだと思います。

庭に咲いたホトトギスの花

庭に大好きなホトトギスの花が咲いていました。

小さくて控えめな山野草。日本の美を感じます。

ホトトギス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集
ホトトギスの美しい花の写真と詳しい育て方などを紹介しています。ホトトギスの名前の由来は、花弁の斑点が鳥のホトトギスの胸毛の模様に似ているところから来ています。園芸品種もいろいろあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました