ソケイとヒメヒマワリ

和のお稽古

本日の花材はソケイとヒメヒマワリでした。

ソケイは素馨、ヒメヒマワリは姫向日葵と書きます。

姫向日葵は、ぱっと見、菊の花かな、と思ったのですが、そもそもヒマワリはキク科の植物で、姫向日葵は一重咲きと八重咲きがあり、これは八重咲きになります。なので菊っぽいのもうなずけます。
和名はキクイモモドキというそうです。

姫向日葵の黄色は鮮やかで元気が出ますね。小さい花ですが、部屋がパッと明るく華やかになります。花言葉は、憧れ、崇拝、誘惑。

ヒメヒマワリ(姫向日葵)の花 - モノトーンでのときめき
(写真)ヒメヒマワリの花「ヒメヒマワリ」の花は、鮮やかなイエローオレンジの八重咲きであり、その一つ一つの花びらは芯が入ったかのように硬い。だからだろうか長期間咲き続け、花数は少ないが花の持ちがよい。葉は、濃緑色で光り輝きゴワゴワしている。この花の学名Heliopsisscabraは、属名が太陽の花を意味し、種小名がざら...

ひと枝にたくさんの花をつけているので、余った花材はドライフラワーにしても可愛いですね。

素馨(=ジャスミン)は、モクセイ科ソケイ属の総称です。

ジャスミンといえば、まずジャスミンティーが思い浮かびます。ジャスミンのアロマオイルは甘美な香りがし、リラックス効果もあります。

花や香りも素敵ですが、葉も美しく、姫向日葵と合わせると、とても上品な仕上がりとなりました。

ジャスミンの花言葉|花の種類や季節、別名は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
ジャスミンは暖かい地方原産の植物で、香水やジャスミン茶としてよく使われています。開花時期は品種によって異なりますが、春から夏にかけて咲きます。白い花と黄色い花があり、花言葉も変わってきます。今回はジャスミンの花言葉や種類、開花時期、特徴についてご紹介します。 ジャスミンの花言葉

生け花に使う花ばさみ

先生から購入した花ばさみは、流派は異なりますが、使いやすいとお勧めしていただいたものです。
生け花で使う花ばさみは、花や草木を切るための専用のはさみです。
普通のはさみと比べて柄の長さが刃よりも長くなっています。

自分の手に合う花ばさみを用意しておくと、楽しく家で花をいけることができますし、使いやすい花ばさみを使うことで上達も早くなります。
お手入れをしながら大事に使っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました