犬と御朱印散歩〜浄土宗 無量寺

お出かけ・旅行

用賀にある浄土宗 無量寺へ

犬と御朱印散歩、今回は用賀にある浄土宗 無量寺です。

浄土宗 祟鎮山無量寺(すいちんさんむりょうじ)は、東急田園都市線 用賀駅から徒歩2分ほどの場所にあるお寺です。
数ある用賀のお寺の中からこちらを選んだのは、駐車場があるということ。お寺のすぐ隣に駐車場が完備されているので車で行くのには便利です。用賀駅からもすぐなので、電車もOK。

社号標と山門

太助をバッグに入れて山門をくぐります。
太助はバッグの中では大人しく、連れているのを忘れるほどです(笑)

無量寺の歴史

浄土宗に属し、芝の西応寺の末寺で、祟鎮山観音院と称する。

寺史については明らかではないが、文政九年(1826)の「新編武蔵国風土記稿」には「開山光蓮社明誉寿広和尚、文禄三年(1594)八月十六日示寂ス」と記されている。

本堂左の観音堂には、天正年間に品川の浜で漁師の網に揚げられ、用賀の住人高橋六右衛門尉直住が観音様のお告げにより当寺に収めたものと言い伝えられている観音像が安置されており、十二年に一回午の年に御開張が行われる。この他にもかつて当寺においては「観音様の御巡業」「お十夜」などの観音にゆかりの行事が盛んに行われ大変な賑わいを見せていたという。

現在の観音堂は文政十三年(天保元年 1830)の棟札があることから建立年代はその前後とみられる。ただし延宝四年(1676)の棟札も残されていることから、その草創はおそくとも江戸時代の前半期までさかのぼるものと考えられる。

祟鎮山無量寺(すいちんさんむりょうじ)
通称:用賀観音
住所:東京都世田谷区用賀4丁目20−1
電話番号:03-3700-8268
宗派:浄土宗
アクセス:東急田園都市線「用賀」駅東口より徒歩2分

 

駅が近いとは思えないほど閑静で緑の美しいお寺です。寺務所の方々もとても親切で、お忙しい中御朱印を書いていただきました。お値段は300円です。

参拝の後は太助とお散歩へ

参拝の後はお散歩タイム。用賀を散策します。
車をすぐ近くのOKストアの駐車場に停めなおして、まずは用賀駅に。用賀駅は山門の向こうに見える高いビルの下にあるモダンで綺麗な駅です。商店街や商業施設も充実しており、とても便利そうです。

用賀駅から閑静な住宅街を通り、砧公園に向かいます。
砧公園はとても広々とした公園で、たくさんの家族連れで賑わっていました。世田谷美術館もありますが、今回は公園のみで。

お寺ではバッグの中に入れられていた太助もお散歩できて満足だったようです。

砧公園|公園へ行こう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました