華道は引き算の美

和のお稽古

華道を始めた理由

お花が大好きで、いくつかフラワーアレンジメント教室にも通い、生花やアートフラワーをアレンジして楽しんできました。

センスのいいアレンジはお部屋を華やかにしてくれて、気分も上がります。
今もアートフラワー中心にアレンジをして楽しんでいますが、最近は余計なものを削ぎ落としたシンプルな美にも惹かれるようになり、お花も洋風で華やかなものから、野草、茶花などにも興味を持つようになってきました。

そんな時に見つけたのが、山村御流という生け花です。華道にも色々な流派がありますが、この流派は、豪華な生け花というより、お庭や野道に咲いている野の花の自然な形を生かした生け方です。

まず花材の姿をよく見てどの角度で生けたらしっくりくるか、じっくりと観察します。余計なものはギリギリまで削ぎ落としていくのですが、その加減がなかなか難しい。ごまかしがきかないので、緊張感を持って取り組みます。少ない花材なのですが、だからこその難しさもあります。

今回の花材は、桔梗とリョウブです。

季節の花のみずみずしさ、清楚で可憐な姿は本当に素敵です。
今回使った花材は、桔梗とリョウブでした。
桔梗は切り口を焼いておくと長持ちするとのことです。

桔梗(キキョウ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉
桔梗(キキョウ)万葉集や家紋に使われ古くから日本人に愛される日本の花。色別の桔梗の花言葉と種類についてご紹介。
令法(リョウブ) - 花図鑑

お土産に半夏生というお花もいただきました。

半夏生(ハンゲショウ)の育て方
半夏生(ハンゲショウ)の植物図鑑・育て方紹介ページです。ここでは基本情報のほか、水やりや病害虫、選び方、増やし方、肥料や用土などの詳しい育て方などを紹介します。

葉の色が白くなっているのが半分お化粧をしているみたいで綺麗。

アートフラワーの隣に余ったリョウブを飾ってみましたが、違和感がないですね。

あるがままの姿は素敵

あるがままの姿で自然に咲く花はとても素敵です。
私も無理せず、あるがままを受け入れて生きていきたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました