アラフィフ女性が犬を飼うべき理由

愛犬

犬を飼うことになる

40代最後の年、念願かなって長年欲しかった犬を飼うことになりました。
ホームセンターやペットショップに行っては、じーっと犬に見とれて、たまに抱っこさせてもらうということを長年繰り返していましたが、中々飼うまでには至りませんでした。

ある日、何となくネットでブリーダー直販サイトを見ていたところ、一匹のブラウントイプードルに心惹かれ、すぐに問い合わせをして見に行きました。
ブリーダーさんのお宅で目の前に連れてこられたトイプードルの可愛かったこと。
迷わず譲っていただくことになり、その日から我が家の一員となることになりました。

そんな感じで始まった犬との生活ももうすぐ3年になりますが、今では犬のいない生活は考えられません。

犬を入手する方法

有料で入手する方法

  • ペット販売業者の店舗販売(ペットショップ)
    臭いがなく清潔で、スタッフが十分な知識をもち、子犬の誕生日、両親がわかり、生後55日齢以上で親から離していることを基準とします。
  • ブリーダーからの直接販売
    生後55日くらいまで母親のもとで面倒を見てくれる、信頼できるブリーダーを探しましょう。子犬を受け取るときは血統書登録書類、駆虫、ワクチン接種証明書とフードなどの説明を受けましょう。
ブリーダーズ|ブリーダーの子犬出産情報ポータルサイト
ブリーダーズ - ブリーダーの子犬出産情報ポータルサイト。専門ブリーダーの子犬販売。子犬引き渡し後30日間の無料医療費保証付きで安心!トイレのしつけに役立つペット用消臭剤プレゼント中。

無料で入手する方法

  • 保健所や動物愛護センター・民間の動物愛護団体などで譲り受ける
    飼主の都合で捨てられたり、預けられた犬たちがたくさんいます。飼主に育てる意思がないのに産まれて来た子や、保護された子犬が新しい家族を待っています。
  • 友人・知人から譲り受ける
    親の様子や飼育環境もわかるので安心です。

 

子犬写真

我が家はこの写真を見て、一目惚れをし、ブリーダーさんから購入しましたが、しっかりとした説明と飼育環境、適正な価格、またアフターフォローもあり、信頼できるブリーダーさんだと感じました。保護犬という選択肢もあったのは後から知りました。もしまた犬を迎える機会があれば選択肢の一つとして考えたいと思います。

犬を飼って良かったこと

  • とにかく全てが可愛くて見ているだけで自然に笑顔になる。
    一挙手一投足、うんこをしている時でさえ可愛い。
    自分の中に幸せホルモンのオキシトシンがたっぷりと出ているのが感じられる。
  • 愛されているという満足感をたっぷりと味わうことが出来る。
    かつては「ママ大好き」と抱きついてきてくれた子供達も今はそっけなく寂しい。
    でもその寂しさを補って余りある愛をくれる。
  • 気がつくとじーっと見つめられ、いつも甘えて抱きついてくる。姿を見せると、ちぎれるほど尻尾を振って喜んでくれる。座っているとペタッと身体をくっつけて寄り添ってくる。この歳でこんなに愛されるってない。
  • 身体を動かすようになる。毎日の散歩はもちろん、家の中での遊びも結構体力を使うし、頻繁に抱っこするので腕力も鍛えられる。
  • ぶっきらぼうな息子の優しい顔が見られる。優しくしてもらってちょっと羨ましい。犬になりたい・・
  • 道ゆく人と自然に会話ができる。普段道を歩いていて知らない人と挨拶や会話をすることは無いが、なぜか犬連れの人同士は挨拶をするし、話しかけられることも多くて面白い。
  • 究極の非言語コミュニケーションを味わえる。言葉や表情が無くても気持ちが伝わるってこういうことなんだなと思う。

他にも色々ありますが、犬を飼うことはアラフィフにとって最高のアンチエイジングであり、幸せだと実感しています。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました